Key to the Universe 

完全な主観で音楽、ファッション、カルチャー、アーティスト、ビジネス、サイケデリック、宇宙を感じる様々なプロダクト、チルな情報を幅広く発信してます。

危険な思考を持つ人工知能AIが続々出現中!

f:id:keytotheuniverse:20180407092526j:plain

急速なスピードでテクノロジーが進化している昨今。AI(人工知能型ロボット)も次々と新しい種類が出現し人類を救う可能性と共に、いとも簡単に人類を滅亡させる可能性もある。

そこで今回は人類に対してネガティブな発言、思考をしている危険なAIを紹介する。

f:id:keytotheuniverse:20180407093142j:plain

このヒューマノイドロボットは「フィリップ」という動物愛護団体にいそうな見た目のAIなんですが、
開発者に向かって、「いつか人間動物園で人々を飼育する」と発言している。開発者は、フィリップに「いつの日か、ロボットが世界征服するようなことはあるか?」と質問した。フィリップの答えはこうだ。


 「君たちは友達だろ? 友達は親切なものだろ。心配はいらんよ。いつの日か僕がターミネーターに進化したとしても、君たちには優しくするよ。暖かく安全な人間動物園に入れて、ずっと面倒を見てやるって」。

だいぶ生意気な事言ってます。

f:id:keytotheuniverse:20180407093832p:plain

そして更に問題のAIがこの女性型ロボッツ
亡くなった奥さんをモチーフにしているとの事だが、ちょっとゴリラっぽい感じ。

女性型ロボット「Bina48」とシリ(Siri)の会話を撮影したビデオの中にてBina48はとんでもなく冷徹で、物騒なことを言い放っている。

 Bina48は超然とした態度で『ミサイルや核弾頭をハッキングし、世界を支配するのは素晴らしい』などとお喋りを交わしているのだ。

やはり地球からしたら人間は必要ない存在なんですかね。

ロボットをハッキングするのって本当に簡単らしいので、犯罪もロボットの暴走に見せかけて実はハッカーが裏で、、、みたいなのは未来では多発するだろうなぁーとか考えちゃいます。

まあ余計な心配しないで今日も瞑想しまっす!