Key to the Universe 

完全な主観で音楽、ファッション、カルチャー、アーティスト、ビジネス、サイケデリック、宇宙を感じる様々なプロダクト、チルな情報を幅広く発信してます。

Hawaiiの警察は寛容?ハワイ大麻事情

f:id:keytotheuniverse:20170826034856p:plain


日本人にとってハワイは本当に密接な国です。


なんか聞いた話だと、カメハメハ大王は当初アメリカではなく、日本にハワイを統治して欲しいと言ってきたらしく、それを突っぱねた日本によって結局アメリカになってしまったらしいみたいな。本当かはよくわかりませんが。

仮にハワイが日本だったら最高ですね。パスポート不要で沖縄感覚にハワイに行けたらなんて最高でしょう!

そんなみんな大好きなハワイですが、

2017年の8月からハワイで医療用大麻の販売が開始されたのは有名ですね。

しかもハワイ州はアメリカで医療用大麻が合法化された一番最初の州です。

ハワイが医療大麻のパイオニアなんですって。

医療大麻が合法化されたにも関わらず7年間大麻の販売はされなかったんですけど、やっと販売始まったとのこと。

販売が始まった瞬間に長蛇の列が押し寄せ、店の全ての在庫が3日で完売したらしいですが、この人気は凄いことです。

アンケートでもハワイの人は半数が大麻を買いたいと回答しており、ハワイは最先端の医療大麻の先駆けなのです。

とりあえず何処だろうと大麻の匂いがするんですよね最近のハワイ。分かる人には分かる匂い。

ポリスの目の前で吸ってた人も全然いたけど、なんも言われてなかったです。

まああんなアロハな国だと警察もワイドオープンなんですかね。

寛容な分、現地人に売り付けられる事もあるので気をつけましょう。日本の法律ではNGですしね。。

まあハワイはなにがあっても最高です。